命を守る「耐震シェルター」

震度 6 以上

☆☆☆ 30年以内100% = 近日中かも!? ☆☆☆

大地震が来ます! 準備できますか?


地震発生マップ


 30年以内に震度6弱以上が発生する!





1、あなたが震度6の地震で倒壊する住宅に住んでいるとしたら


<茶色のエリアを確認してください>


2、そして、茶色の地域(エリア)に 住んでいたら




安全な地域・住宅に引っ越さなければ、在宅時の地震で、

倒壊した住宅の下敷きになります

(꒪⌓꒪)







地震動予測マップは、時期の確定が厳密に出来ないため予測としていますが、30年に対しては100%を示しており予測ではありません

地球の活動として必ず周期的に大地震がやってくる、その場所と大きさを科学的根拠から示すものです

今日、明日、1年後と特定できないだけでので、厳粛に受け止める必要があり、速やかな準備が必要です


生活者は、まさに今すぐに対応しないと、過去の大地震のように取り返しのつかない結果を招く事に成ります

現在では、ここまでの予測が出来、それの対策が数多く用意されるようになりました
大地震対策は、今日明日に準備を行い、予測準備の出来ない弱者をも守る必要があります

木造住宅倒壊






生憎、1、2、にあてはまる場合、どう努力して「命を失う確率を下げる」か真剣に考えなければなりません


貴方だけではなく、貴方の大切な家族の為にもです




しかし、行政の言うような準備が速やかに出来ければ、ここを見る必要はありません


行政の、何時までも進まない地震対策の実態は、役人の理想で進み、彼らの目に映るお行儀良く従う方達以外は、震災の被災・被害者という単純な「何%」という文字の中で片づけられるのでしょうか?


ここでは、行政に頼れない環境の皆様が、自らの努力し、無残な結果に結びつかない様に、最善策をご提案します



 直ぐに引っ越す、直ぐに立替や耐震リフォームを行うのは難しい



 先ず、潰れた住宅に押しつぶされないように体のヘルメットを用意しましょう


 これだけで、命やケガから守ることが可能になります


地震耐震シェルター販売サイト







行政は、産業活性化も担っていますので、お金の動き難い政策は、担当者たちのイメージアップなどの利益の無い方法はなかなか世に出しません


だから、本来の生活者は、自分で自分を守るしか方法はありません
その中で正しい物・方法を探す必要があります




 住宅が賃貸で在ったり、再建築が難しいなどどうしようもない環境も様々にあります

そのような場合でも、同様に命を守れる可能性は残されています




耐震リフォームを予定しても、工事・引越が終わるまでに地震が起きたら命は守れません




 現実、今どうなのか?直視し、諦めずに命を守る準備をしましょう

 大地震が来るのが 「来週以降なら」 まだ間に合います!




現在、低コストで、最速で、命を守る 方法がったひとつだけあります


運良く、ネットで見つけ出した人達が、大勢が飛び付いています




 家庭用 地震・耐震シェルター

   一人から、家族4・5人までが守れます

 



揺れた瞬間、唯一避難可能な数秒に、居間や寝室に置いたシェルターへ逃げ込みます!
家がつぶれても、シェルターは潰れません



大地震では殆どの人が、最初に潰れた住宅の下敷きになり「圧死」します

残った人も、大怪我で動けず逃げられません

五体が守れれば、何とか瓦礫から逃れる事が出来ます

シェルターが瓦礫に空間を作り、何とか脱出できるでしょう!


小人数を守るシェルター




 これだけ丈夫なら、絶対に、この家から守ってもらえる!


 命が救われるね!これなら


 実家の両親へプレゼントしたら大喜びでした!










即設置の可能な地震用・耐震シェルターを急ぎ設置し、命を守りつつ次の根本的問題に当たって下さい

簡単に、速やかに皆様の命を守るために開発された地震・耐震シェルターの設置です



 既に500世帯以上が設置されたようです


 強度・価格・合理性が認められ、大手企業の工場や倉庫・事務所も多数納入されています




   今、貴方に、代わりとなる方法が在りますか?



 躊躇なくヘルメットをかぶる様に、シートベルトをするように、

 危険住宅には地震用・耐震シェルターが唯一の安全方法です





 <購入はこちら> ↓画像をクリック
 地震耐震シェルター販売サイト









 詳しくはメーカーコンテンツで!

   http://www.eco-rt.jp/5-jisin/index.htm